唇のガサガサ、血色の悪さにはハチミツが効く

14唇が潤っていて血色が良いと、それだけで女性らしい感じがしますよね。

ガサガサで皮がめくれていて、紫色の唇は男性にも評判が悪いようです。

ですが、唇は季節や体調によって変化しやすい部分です。

隠そうとグロスをテッカテカに塗ってもおかしいですし、血色が悪い上に口紅を塗っても、発色が良くないことがあります。

そんなときに、家にある物を使って簡単に唇をプルプルで血色が良い色にする方法があります。

それは、ハチミツを使ったものです。

まず、ハチミツ100%のものを唇に塗っていきます。

スブーンの裏を使うと塗りやすいです。

初めは少なめにつけて、スプーンの裏でマッサージしながら馴染ませていきます。

唇のコリというか、くすみが取れてきたなと思ったら、ハチミツをもう1度塗り直します。

今度は垂れる寸前くらいまでたっぷりと塗ります。

そうしたら、小さく切ったラップを2枚用意して、それぞれ上下の唇に貼り付けます。

上下で2枚ラップを使っているので、呼吸も問題ないですし、ストローを使えば水分も飲むことができます。

できればそのまま湯船につかったり、スチーマーをあてたりするとより効果的です。

だいたい30分くらいしたら、ラップを取ります。

ハチミツは馴染んでほとんど無い状態になっています。

血色が良くなって、めくれていた皮がふやけて取れやすくなっているはずです。

唇の乾燥や血色が気になった時には、おすすめの方法です。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*